第1365話 大人の休日倶楽部パス購入

*[その他]

#1365 大人の休日倶楽部パス購入

■ 1 ■ その他

アマゾンプライム SEED FREEDOM
 SEEDの映画が視聴できるようになりました。
 酒飲みながら観て途中で寝ちゃってるので、1回ちゃんと観よう。

・Destinyから1年ほどたった後の話のはずが、実時間で20年経っているので、ちょっと入りにくかった。
 声のイメージがあまり変わってないのが、シン・アスカラクス、ルナマリア
 ちょっと違うんじゃないかとおもったのがキラ・ヤマト
・映画だからキャラの画像はかなり丁寧になっているんだが、ラクスが厚化粧になって老けて見えた。
・序盤、ジャスティスにシンが乗ってるとかはなあ。
ファウンデーション王国のMSデザインは「熱笑!花沢高校」を思い出させる。

■ 2 ■ 酒

●未来のレモンサワー
 6月11日に新しいレモンサワーが出た。
 生ジョッキ缶で開封するとスライスレモンが炭酸とともに浮き上がってくる。
 味もレモンらしくなかなかおいしい。
 しかし・・・350MLで250円。これはちょっと高い。割安スーパーの値段で通常の2.5倍だ。
 2種あったので両方買ったがこれで500円。
 値段も未来のレモンサワーだな。

■ 3 ■ ゲーム

スマホゲーム
・モブコントール
 とにかく進めるだけでいろいろなレベルが上がって、グループランクもどんどん上がった。
 いまは全体の7%のプレイヤーが上り詰めた最上位の「イモータルランク」。
 適当にやってるだけで順位が上がる。これでいいんだろうか。
・モブコントロールで散々見せられた広告の中からインストールしてちょっと遊んでは消しが続いた。
 今残っているのは
 ダダサバイバー、ぼく鉄、1945AirForce、AlienShooter、FrontLineHeros、お願い社長、TapMaster
・お願い社長 
 広告通り、自分の好みの美人秘書を作るゲームになかなかならない。
・TapMaster LV184 1面クリアにますます時間がかかるようになった。
・数字のクロスワードみたいなゲームを8時間ほどやったが、レベル表示は上がるものの内容があまり変わらないのであきらめた。
プロスピ
 イベントにだいぶ飽きてきた。ここ2週間ほどのイベントはすぐにあきらめ、1日1回ログインする程度。
DQウオーク
 4人のキャラのうち何かしらの特級職に転職できるようになった。

■ 4 ■ ゲーム

第2王子がアパートに来た時にボードゲームのガチゲーに興味があるかどうか聞いてみたところ、やってみたいとの回答。
アグリコラが候補。

■ 5 ■ その他

●月が吹っ飛ぶ夢
最近夢を見ても記憶に残らず、目が覚めるとほとんど覚えていないが、最近珍しい夢を見たので目が覚めてからも頭に残っていた。
月がなくなる!という話を聞いて半信半疑で夜、外の月を眺めていた。
すると、月の表面に大きなクレーターが3つあり、そのクレーターから推進の炎が見えて、瞬く間に視野から月が消えて夜空に月が見えなくなった。
「月がなくなった!」
と思ったそのすぐあと、私の視野のへりから月が夜空に戻ってきて、さきほど月があったところにすっぽりおさまった。
結局もとに戻った。ああよかった、と思ったところで目が覚めた。

■ 6 ■ 読書

QED 神鹿の棺(14冊目)
岸惠子自伝(15冊目)
このペースだと年間30冊。
中東戦争全史(読みかけ)
 過去にこの本の筆者の本を読み、わかりやすくて面白いと思って買った信頼の1冊。
 1ページ当たりの情報量が多く、なかなか進まない。
 むかしTacticsの付録ゲームでついた「中国農場」の意味がようやくわかった。

■ 7 ■ その他

6月20日から有効となる大人の休日倶楽部パスを「えきねっと」で購入した。
日帰り旅行予定日は20日木曜日と22日土曜日。
プランを考えようと時刻表を買いに行こうとすると、3カ月に1回発売される小型版が、本来5月に発売されるはずなのに
ダイヤ改正の影響か、それともサイクルをずらすつもりなのか、なぜか発売日は6月20日。
プランが考えられない。春号でいいやと本屋をまわるとどこにもない。
唯一売っているのは昼休みによる官公庁の中の本屋。確か今日の時点で在庫は2冊。
あした、残っていますように!

●プランA
 中央本線で新宿から松本へ。前回食べ損ねた馬肉を食べ、特急しなので長野へ。
 前回とほとんど同じプランだが、今回は長野で長野電鉄を乗りつぶす。
 グルメあり、地方私鉄のりつぶしあり、悪くはないが、JRローカル線乗りつぶしが足りないな。
●プランB 
 東北のローカル線乗りつぶし
 じっくり考えたいので、こちらのプランは土曜日になると思うが、翌日も朝一で草野球(しかもダブル)。
 あまり遅くなるわけにはいかないが、どこに行こうかなあ。