第1271話 積読が増えてきた

*[その他]

#1271 積読が増えてきた

■ 1 ■ 読書

・新刊を含む4冊購入。
これまで文庫・新書を中心に購入してきたものの「値段が高い」「かさばる」などの理由で購入を避けてきたハードカバー本。
先日の東京ドームでNさんから話のあった落合監督時代の中日を書いた本を買ってみることにした。

●嫌われた監督(文芸春秋)※途中
・2004年就任時、コーチ陣の入れ替えはあまり行わず、シーズンに臨んだ落合ドラゴンズ。
ケガ、調子、先発予定投手などの選手情報は極秘扱いとした落合監督が1年経った2005年。
情報を外部に漏らしている恐れのあるコーチをバッサリ切った。
鈴木孝政(投手チーフコーチ)
・金田進(捕手コーチ)
・山田和利(野手総合チーフコーチ)
川又米利(打撃コーチ)
仁村徹(内野守備コーチ)
文中にはコーチ7名と書いてあったが、選手名鑑を見る限りでは5名しか見つけることができなかった。
しかし、この5人、いずれもドラゴンズの生え抜き選手。
選手の情報を新聞記者などにポロポロ漏らしてたってことなんだろうね。
その他、就任時には選手の首切りをあまり行わなかったものの、就任2年目は選手もバッサリ。
紀藤真琴楽天へ移籍)
正津英志
植大輔(2003年4位。大卒2年でクビ)
小山伸一郎楽天へ移籍)
山北茂利
宮越徹
・筒井正也
中野栄
・前田新悟
筒井壮
湊川誠隆
酒井忠晴楽天へ移籍)
・善村一仁
・瀬間中ノルベルト(2003年7位。高卒2年でクビ)
関川浩一楽天へ移籍)

●鬼、統べる国、大和出雲(講談社文庫 高田崇史
古事記異聞シリーズの出雲編第4巻。
QED以外は読んだら処分対象だったが、このシリーズは残せておける内容。
ただ表紙なども含めライトノベル調なのは、内容とあまりそぐわないのでやめてほしい。

●世界史劇場 項羽と劉邦
キングダムの影響か、中国古代史なのにやたらと分厚い。

●いまさら聞けないキリスト教のおバカ質問(橋爪大三郎 文春新書)
筆者は社会宗教学入門(ちくま文庫)で初めて読んだが、わかりやすい文章だったので購入。
序盤はもう「小学生むき?」と思えるほど文章が平易。

■ 2 ■ プロ野球

プロ野球観戦(4回目)
5月21日土曜日、対ヤクルト戦のデーゲーム。
三塁側のビールサーバー(10L)付きカウンターテーブル。
しかし・・・

YS  130 000 005=9
DeNA 020 000 000=2

〇原(5)石山(0.2)田口(0.1)清水(1)今野(1)大西(1)
●上茶谷(6)三上(1)入江(0.2)砂田(0.1)平田(1)

1回表塩見が先頭打者ホームランでヤクルト先制。2回には長岡2ラン。
すぐさま2点を返し2点ビハインドでゲームは進行したものの、9回に平田が村上にホームランを打たれ実質的なゲームエンド。
今年のDeNAは土曜日日曜日の勝率が極端に悪く、上茶谷が完封した日だけ勝っているようです。

■ 3 ■ ゲーム

●あつもり
〇第2王子がいよいよ飽きてきたらしく、ラインで「そろそろ卒業宣言」。
マクベ鉱山基地として機能してきた私の王国はこれから何をすればいいんだろうか。

〇毎日毎日ニセモノをつかまされている美術品コレクション。
展示室をみてまわると、もう少しでコンプリートであることが分かった。
 絵画3種
見返り美人
風神雷神の左側
・にぎやかな名画(本物のみなので購入できれば展示できる)
 像5種
カメハメハ大王(本物のみ)
・ミロのヴィーナス
サモトラケのニケ
円盤投
・母性溢れる彫刻

 

 

 

第1270話 シンウルトラマンのひみつ

*[その他]

#1270 シンウルトラマンのひみつ

■ 1 ■ プロ野球

プロ野球観戦(3回目)

5月14日、前の職場で一緒だったNさんの誘いを受け、先輩のAさん、定年を前に退職したMさんの4人で東京ドームに集合。
コロナがなければもっと頻繁に集まっていたのではないかと思うが、この4人で野球観戦をするのは多摩市勤務以来だから2年ぶりぐらいだろうか。
試合開始は14時だが、12時に22番ゲート前のGカフェでドーム内より高いおビールで乾杯(私とNさん)。
12時30分ごろMさんも合流、3人で佐々木朗希の完全試合達成おめでとう乾杯。
13時過ぎにドーム内に入り、先輩のAさんも合流。

D 120 011 001=6
G 000 002 50x=7

高橋宏5.2(2)清水0.1(0)●祖父江0.1(5)藤島0.2(0)佐藤優
シューメーカー5(4)菊地1(1)〇平内1(0)今村0.2(0)鍬原0.1(0)Sデラロサ1(0)

高橋周平2号2ラン
中田翔4号満塁

前にテレビで観たときは結果は出ているものの、制球がばらばらでコントロールは悪いというイメージだったG先発の靴屋
この日はヒットを打たれ序盤からフラフラ。
中日の高橋は序盤で先制・中盤で中押しをもらって中日の勝ちパターンと思っていたら、3番手祖父江がブチ壊した。
連続打席出塁中のポランコに痛打されただけでなく、4番岡本との勝負を避けておきながら5番中田翔に満塁弾を浴びる。
抑えの大勢は今日投げると3連投になるので「あがり日」。
調子の上がらないデラロサに対し、1点差に追いついた上で2死23塁(12塁でデラロサがボーク)まで追い詰めたが、力ないスイングで内野ゴロ。

この後先輩のAさんと2人で綾瀬の「こたに」に移動し、久々の串揚げを堪能しました。
いつ来てもすぐには入れないし、食べ物はおいしいし、値段も安いですね。

■ 2 ■ テレビ

●ドンブラコ戦隊ドンブラコーズ #10
戦いの生活から離脱し、かつての高校生人気漫画家に戻りたいイエロー(オニシスター)。
管理人からポイントを使って願いをかなえてもらうことになったが・・・
元の生活への戻り方があいまいで、戦闘員に襲われそうになった時にイエローは変身を試みる。
とうぜん変身アイテムがないので変身はできないが、助けに入ったのが元イエローが一般人になった代わりにイエローとして戦うことになった新イエロー。
新イエローの存在を認めながらも、すでに戦士でないこと実感し、もう戦士には戻れないことを認識する元イエロー。
この新イエローは元イエローと雰囲気が違い、20歳代前半の「なんでもできる優等生お姉様」的な存在。
これはこれでアリだと思って調べてみると・・・

片田陽依 17歳の高校3年生でした。

ドンブラザーズのイエローのオーディションには落ちたけど、ゲスト出演を勝ち取ったみたい。
元イエローがこのまま番組を離脱して、新イエローに交代してもおかしくない展開はバイオマンのイエローフォーを思い出しました。

■ 3 ■ その他

映画シンウルトラマンを観てきました!
いろいろネタバレになるので、詳しい話はほとぼりが冷めてから。
今週末にオンラインで先輩のKさんとじっくり話し合う予定。

平日朝930の上映を選んだんでお客は少なかったけど、初代ウルトラマンを観たことあるの?という20代の若い世代が多かったです。
しかも女子多し。
スタッフロールが流れた後、誰かが帰り支度を始めることが多いのに、会場全体で誰も動きませんでした。
私はスタッフロールの後に「特報!シンウルトラセブン上映決定!」を期待してたんですけど、みんななにがしらの期待感はあったようです。

■ 4 ■ その他

●月刊龍騎
昭和ライダーの購読を打ち切ったため、月に1回龍騎のDVDが届くことになった。
2号分(10話)がまとめて入っているので、到着した日に全部観てしまい「次が来るのはまた1か月後~」と待ちぼうけになる日々。
平成ライダー後期(W、オーズ、フォーゼ、ビルド、エクゼイドなど)はアマゾンで観れるけども、やはり平成初期のほうが面白い。

●月刊龍騎
OREジャーナルの編集長(津田寛治)が人間ドッグに入ることになった。
健康診断の結果が思わしくないのでこの際ドッグに、という展開。
編集長が悩んでいる中での女性陣の会話。
「ガンマGDP 725、総コレステール455、中性脂肪1053・・・・」
「どういうことですか?」
「生活がクズってことよ!」

自分の昨年の結果をひっぱりだしてきて比較しました。

 

 

第1269話 完全逃しとノーヒットノーラン

*[その他]

#1269 完全逃しとノーヒットノーラン

■ 1 ■ その他

芸能人の悲報が続いた。いずれもまだまだ活躍ができる年齢で、自然死ではなかったことが悔やまれる。
渡辺裕之
上島竜兵(だちょう倶楽部)

■ 2 ■ プロ野球

●中日・大野雄 完全逃し
5月7日、中日・阪神戦で阪神青柳と中日大野が投げ合った。

T 000 000 000 0
D 000 000 000 1x

●青柳 9.3
〇大野 10

10回表2死、3番佐藤輝に2塁打を打たれ大野の完全は途絶。
阪神青柳と投げ合ったことが不運なのか、中日打線が援護できなかったのが不運なのか。
完全を逃した瞬間に草野球チームラインで「人徳!」とコメントが上がったのが正解だと思う。

ソフトバンク東浜、ノーヒットノーラン
昨年の主力選手がゴッソリいなくなった日ハムでもなく。
コロナの影響などで昨年のリーグ優勝メンバーがゴッソリいなくなったオリックスでもなく。
ホームランを量産している山川を介する西武を相手のノー・ノーは価値があると思う。
もっとも今年はなぜか投高打低で、広島と楽天以外は打撃成績がボロボロらしいが。
実は同日、メジャーのエンゼルス戦で先発のデトマーズ(22歳)がノーヒットノーランを達成しており、今朝メジャー中継を観ていた人は1日に2回ノーヒットノーランを確認できた日となった。

■ 3 ■ 読書

●戦史における小失敗の研究(※14冊目)
第2次大戦に絞られず、第1次世界大戦から近現代戦まで幅広く扱っており、なるほどと思うことも多かった。
一番読んでよかったと思うことは、いろいろ疑問に思っていた「日本軍の潜水艦の活躍度合い」について氷解したこと。
いろいろ潜水艦のスペックを見ると決して引けをとらず、むしろ潜水艦先進国である日本。
「紺碧の艦隊」などでは大活躍する潜水艦だが、潜水艦の単艦のスペックでは引けを取らないのに、これだけ戦果に差があるのはなぜかと思っていた。
艦隊の主力艦を目標とする日本軍の運用戦術と、輸送船などの補給線を分断することを目的とする連合軍の戦術の違いかと思っていたが、そうではなかったようだ。
日本軍の潜水艦はスペック的には優秀であるものの、発生する騒音が問題外だったようだ。
確かに優秀艦であっても静寂が必須である潜水艦において「音がうるさい」は論外かと思う。
駆逐艦からの攻撃を受ける確率も上がるし、損失も大きくなるだろう。
優秀艦であれば他国へ秘匿する必要も出てくるし、友好国ドイツのUボートとの性能比較検討会などは考えも及ばなかっただろう。

●破船(吉村昭 新潮文庫)※15冊目
新刊ではないもの、本屋で平積みになっていることでなんとなく話のスジはうかがえたが、普通に予想通りであった。
しかし、核心に迫るまでの経緯や、最終的に物語が収束にいたるまでの流れは眼が離せなかった。
寒村のタブーを村外に出させないこと。
ゆえにその厄災をも隠しとおさなければならなかったこと。
一気に読んでしまった。

統計学が見つけた野球の真理 ※16冊目
セイバーメトリクス本だが、打率・打点・ホームランだけでは測れない選手の価値を見出す指標を探し求める経緯を説明した本。
非常に面白いと思ったが草野球に転用することは難しい。
しかし計測技術の高度化によりさらに様々な記録が生まれていることが楽しかった。
選球眼、勝負強さ、キャッチャーのフレーミング・・・今後新しい指標が定例することが期待される。
一番驚いたのは「第9章 ストライクゾーンは丸かった」
ストライクゾーンは規定されているものの、ゾーンの角にあたる部分はストライク判定されず、結果ストライクゾーンは丸かったということ。
いずれストライク判定は機械が行うのではないかと思った。

●「岩宿」の発見 ※17冊目

歴史群像 2022年6月号 通算173号
特集記事はイマイチだったが。
20年以上前(隔月化から)から購入を続け、相当な量になってしまったが、特集記事はあとから読んでも役に立つ。
バックナンバーは押し入れの中だが、最近は欧州戦を読み返したいと思っています。

■ 4 ■ ゲーム
 
●あつ森
・オケラ発見
普段地中にいるので、鳴き声を聞きながら穴を掘って地上にすくいあげる。
地上でウロウロしているところを網で捕まえるのだが、適当に穴を掘ってアタリを見つけたとすると、オケラは穴に落ちて行方不明になってしまうので、ハズレ穴をあけたらすぐに埋めてしまう必要がある。
なんにせよ今月までのオケラをつかまえることができてよかった。

■ 5 ■ その他

アマゾンプライム
窓際太郎33視聴。

第1268話 はじめての「関ケ原」

*[その他]

#1268 初めての「関ケ原

■ 1 ■ その他

〇3連休(5月3日~5日)
・5月3日
2日月曜日は遅番勤務で帰宅は2100。
王子たちは一足お先に2日夜に車で伊豆へ出発。
ほとんど渋滞なく無事伊豆についたとの連絡が入りました。
私は翌朝、横浜発808の東海道線熱海行に乗り、追いかける形で出発。
グリーン車に乗りましたが、横浜の時点ですでに混んでいて、空いている通路側の席に着席。
後述する本を読みはじめてしばらくすると、藤沢で窓側の人が降りたので、そのまま窓側にシフト。
グリーン券の検札に来たJRの女性職員さんが、小さなかごを持っており、そのかごの中に売り物と思われる飲み物もあったので、席が空いてきたら譲ってもらおうと考えた。
しかし・・・小田原の前になってもなかなか客が降りず、おそらくこのままほぼ客が固定されることが濃厚に。
本来なら横浜で飲み物を購入するつもりだったが、グリーン券を買って入った改札内売店がなく、時間的余裕もほとんどなかったので、電車に乗り込むことを優先。
つまみは朝アパートの近くのコンビニで買っといたのに・・・。
小田原のあたりでさきほどの女性職員が席の近くにやってきて、改めて「どちらまでですか」と聞きに来た。
車内でパスモを使ってタッチしたわけではなく、横浜駅の券売機でグリーン券(磁気式)を買ったので、正当なお金を払っているかどうかの確認もあったのだろうか。
(乗車距離によりグリ-ン料金が変化。横浜から熱海は800円)
即座に熱海と答え、かごの中に残っている飲み物1本を所望したところ、270円でした(350ML)。
終点までには十分飲み切れる量なので、早川・根府川・真鶴間で渋滞する道路を横目に完飲。
熱海で伊豆急下田行きに乗り換え。JRホームと伊東・伊豆急方面行の1番線ホームは混んでていて、トイレも混んでいた。
10分はあったのだが、間に合わないかというほどの込み具合。
時間には間に合ったが、当然立ち席。しかし次の来宮で目の前の席が空いたので着席。
東急電鉄の8000系車両で、海側はボックスシートに改造され、6両編成のうち2号車と5号車にトイレもある。
伊豆高原で後ろ3両が切り離され、ここから先は3両編成で運行。
無事伊豆熱川に1041に到着しました。
王子たちと合流し、昼食後はトレーニングルームで卓球。
第2王子はめきめきうまくなって、相手の打ちにくいところを狙ってボールをコントロールしてくる。
第2王子はバックハンドが弱点なので、逆方向を狙っていると立ち位置を変えたりすぐ対応してくる。
ちょっとむきになってしまい、痛めていた右脇腹に再び痛みが・・・

・5月4日
第2王子が朝早くから持ち込んだ宿題を終わらせたため、第2王子はのびのびと遊びを満喫。
午前中は再び卓球。王子たちの両親も合流し、トーナメントで対決。
第1試合 ●王子vs〇私 
第2試合 〇第2王子vs●王子母
準決勝 〇第2王子vs●私
勝戦 〇王子父vs●第2王子
親族内最強の王子父がシードで決勝戦で第2王子と対決。
王子父は変化球なども使って第2王子と対戦するも、第2王子も初見の変化球を何事もなく打ち返す熱戦。
第2王子の球技への対応の早さに驚きです。
王子も自分の打てるところはきちんと打ち返せるので、経験を積めば私にはじきに勝てると思います。
午後はテニス。
私はいつも球拾い。今回は球を拾ってもなかなか投げ返せないし、かがみ方も気を付けないとわき腹が痛むので・・・

・5月5日
渋滞回避のため、朝5時起きで出発準備。645ごろにマンションを出発。
渋滞はほぼゼロで奇跡的なタイム(3時間きり)で朝10時前に横浜に到着。
第2王子は私のアパートに寄って夕方まで遊びたい!と母親に懇願。
無事願いが叶い、夕方まで第2王子がアパートに。
ワールドトリガーを再生し、少しずつ事情説明。
バトル漫画なんで、お気に入りになりそうな気配。
こないだコミックス渡したDrストーンも面白いからそっちもみせたいんだけどな。

・飛び石だが月曜日と金曜日を休めば大型連休になるケースは、次回は11年後らしい。
まあ、そのとき私はカレンダーに関係なく365連休になっていると思うんだけど。

■ 2 ■ ゲーム

・トライアングルストラテジー1周目クリア
一応まともなエンディングだったのではないかと思うものの、ロラン王子とハイサンドの黒幕が手を組んでゆくゆくは反乱を起こしそうな気配をにおわせてゲームが終わりました。
塩の開放により国が一つになり、産業貿易の部分で大きく発展を遂げたものの、貧富の格差が広がり、貧民街ではその日の生活もままならない人々が存在するという現代社会を思わせる終わり方。
難易度easyだったものの、終盤は何人か撃破されるほど苦戦。

・あつもり
ルリボシカミキりとランチュウをゲット。
レア度の高い魚はまき餌を使ってもなかなか出ないなあ。

■ 3 ■ ゲーム

関ケ原バンダイ
第2王子がアパートに来たので、急遽第2王子が興味を持っている戦国ゲームを薦めることにした。
この関ケ原バンダイ)は何年か前に実家にもっていき、第2王子に薦めたことがあったが、ゲーム説明にもならず挫折した経緯がある。
成長した第2王子はルール説明をきちんと聞き、勝つためにはどうすればいいかということも考えられるようになったので、今回は無事ゲームスタートすることができました。
西軍・私、東軍・第2王子でゲーム開始。
プレイ回数は(私が中学生のころだけど)ダントツで私が優位、勝ち方もある程度わかっているという自負があるので、セオリーにしたがって激突。
西軍優位で小早川軍が加勢することになった時点でゲームを終了した。
慣れると小早川軍は東軍につくことが多くなるが、西軍は不利な状況でも徳川家康さえ倒せばサドンデス勝ちになるルールがあるので、敵中突破し家康単体狙いという最終手段がある。
しかしながら、第2王子もすぐにコツをつかみそうなので、東軍西軍を交代でしばらくは遊べそうです。

■ 4 ■ プロ野球

プロスピ2022
通信機能によりソフトがバージョンアップされ、2022年度版が新しく追加された。
1本で2年分遊べるのはお得。
現実の2022年巨人はロ-テーションが昨年度と大きく変わり、毎年叫んでいる若手起用が実現されている。
というようりは、すでに若手を駆り出さないと先発投手陣が枯渇しているというのが実情だろう。

〇昨年ほとんど投げてない新戦力
・山崎伊織 開幕2戦目で先発。20年ドラフト2位で昨年はケガで1年登板なし。実質新戦力。
・赤星 ドラフト3位。春先からローテで回っているが、前回登板は12失点(自責3)。定着できるかどうか微妙。
・堀田 19年1位。支配下登録されてローテ入り。
・大勢 ドラフト1位。デラロサ、ビエイラの調子が上がらず開幕から抑え起用。現時点で12セーブをあげている。

新戦力の台頭には現有戦力が昨年の力を発揮できていないことが根本にある。
・菅野 ひじ痛で離脱
・高橋 調子が上がらないため中継ぎ起用
・今村 理由は不明だが中継ぎ起用。無失点の好投をしていたが、先日勝ち試合を四球連発でぶち壊した。
・畠  基本的に中継ぎ起用。勝試合限定かと思っていたら、大差負けの状況で出てきた。
・山口 どこでいつ投げてるのかよくわからず。
メルセデス 春先調子が上がらず、最近ローテに加わった。
いまのところ首位巨人だが、このままいくとは思えない台所事情。

これだけ起用法がかわったので、プロスピの選手登録・データが追いついていないところがあり、山﨑、赤星は先発起用可能ながら、変化球やコントロールに難あり軸になるとは思えないステータス。
堀田に至ってはデータすらない(2月の時点でまだ育成選手だったため?)。
大勢もリリーフむきになっているが、球速はあるものの、球威コントロールはメタメタでとても大事なところで使える内容ではない。
徐々にバージョンアップされ現実に見合ったステータスに変更されるとは思うけども、今後どれだけ変わるかね。

■ 5 ■ 読書

●戦史における小失敗の研究(※14冊目)

●「岩宿」の発見(相沢忠洋
伊豆旅行の復路で車内で恒例のクイズが始まった。
このとき王子が出題したのは日本史の古代史について。
旧石器時代の遺跡は次のどれかという問題で、その選択肢に含まれていたのが「岩宿」。
正解も岩宿だったのだが、発見者の名前も王子は記憶していてビックリ。
しかも、いまちょうどその本を読み始めているんです。

■ 6 ■ その他

アマゾンプライム
・窓際太郎 
 30 を視聴。

平成ライダーヒロイン
平成ライダーシリーズの後期作品がいま観放題に。
最近ドラマなどで「この女優さん、どっかで観たような…」とおもって調べると、ライダーシリーズのレギュラーヒロインであることがいくつかあった。
科捜研の女
沢口靖子の所属する科捜研メンバーにいる紅一点。貫地谷しほりに似てるけど年が違う。
誰だろうと思ったら山本ひかり。仮面ライダーW(ダブル)で1年間レギュラー出演していました。
ダブルはフィリップ役の菅田将暉のほうが有名だけどね。
・ち●どんどん
いま放送されている朝の連続ドラマ。主人公(黒島結菜)のお友達役の女の子。どっかで観たような・・・・と調べてみると・・・。
高田夏帆仮面ライダービルドで1年間レギュラー出演していました。
仮面ライダーオーズで出ていたヒロインは高田里穂なので、なんだか紛らわしい。

第1267話 飛び石連休突入

*[その他]

#1267 飛び石連休突入

■ 1 ■ その他

●連休にやっておくこと

飛び石だが連続3日以上の休みはめったにないので、いろいろやるべきことを考えていたが、酒を飲んでしまうとやはり何もできなくなる。
ライダーマンと近いうちにプレイ予定のGJゲームのおさらい
積読の消化
・30MM
・トライアングルストラテジー1周目クリア

■ 2 ■ 読書

●もし、プロのスコアラーがあなたの野球チームにいたら何をやるか?(※13冊目)
・筆者の三井康浩さんは長年巨人のスコアラーを務めた人。WBCでもスコアラーとして招聘された人。
・通勤でだいぶ読み進んでいたが、接骨医での待ち時間で読了。
・未対戦の相手チームと対戦するときに、相手チームの実力をチェックするポイントなど。
球場の特性のつかみ方、投手攻略、事前にできるならスコアチャートのつけ方。
以前阪神の元スコアラーがだした文庫本で野村監督就任後につけ始めたスコアチャートとほぼ同じ。

●物語 ウクライナの歴史(中公新書 ※途中)
各社が出している新書でもテーマが絞られていて、中身が充実している中公新書
昔「紺碧の艦隊」シリーズを新刊が出るたびに読んでいたけど、その筆者がお勧めしていたのが中公新書
新書をチェックする際には中公新書は必ずみるようにしている。
ウクライナの歴史は2月のロシア侵攻以後、ほぼ毎日ニュースになっているが、この本の初版は2002年。
字がビッチり詰まっていて、中身があるのでなかなか読み進まない。
ウクラウイナは地域を統治する支配者や居住民族が入れ替わるので、歴史はなかなか複雑。
「コサック」が一時期居住していたようだが、コサックの意味はトルコ語で「分どり品で暮らす人」。
「バトル・コサック」は「戦って分捕って暮らす人」という意味になってしまうけども、正義の味方としてふさわしくないような名前。

(1)連休に入る前に3冊購入
●宮崎県の歴史散歩
先日先輩のKさんとオンラインで飲み会。Kさんとは20年以上の付き合いになるけれども、九州装飾古墳ツアー実行にかつてない気合が入り始めている。
装飾古墳というと熊本、福岡になってしまうが、どうやらKさんは高千穂の夜神楽もあわせて考えているようで、連休に入る前に本屋で熊本県・宮崎県のこのシリーズ本を購入しようと考えた。
実際立ち読みしてみると、熊本県のほうは装飾古墳についてあまり触れられておらず、宮崎県のほうのみを購入。
そういえば前回高千穂行ったときにいろいろ購入した神社本、どっかにあったよなあ。

●戦史における小失敗の研究(光人社NF文庫新刊 三野洋一 ※途中)
後述するけども、半分くらい読み終えた。
小失敗の研究シリーズはおもに第2次世界大戦をテーマを限定することが多かったが、本書は第1次世界大戦から現代まで幅広い。
ただ、これまでのシリーズとは掘り方が浅いと感じてしまい、その辺が残念。

●聖地の条件(双葉社 蒲池明弘)
本屋でみかけて思わず買ってしまった。
副題が「神社の始まりと日本列島10万年史」。
第1章出雲に始まり、第4章で諏訪にも触れられている。

(2)本を読む最適の場所は電車
家にいてもほとんど本を読まないので、本を読む最適の場所はどこかと考えたら「電車」という結論が出た。
きのうお昼前に接骨医にいき、待ち時間に読書。
治療を終えてから駅に向かい、東横線に乗り換えて読書開始。
往路は「戦史における~」復路は「ウクライナの歴史」。
乗車駅でパスもをかざすとエラーになるので、隣の駅で下車。
遅い昼飯で店を探したら駅前に次郎系の店がありました。
「豚山」小ラーメン250g800円。
野球の帰りに何度か行った金沢八景の「神豚」、むかし駅前にあったチェーン店「豚野郎」。
ともに次郎系だが、それぞれ何が違うかというと「スープ」。
味が濃いのでとてものめないのだが、豚野郎・豚山はスープが甘目。
「神豚」は辛じょっぱいが、一番麺や味に合うのはこの神豚系ではないかと思う。
豚野郎は撤退したので、近くに次郎系の店があることがわかっただけでも収穫。

■ 3 ■ ゲーム

●あつ森
第2王子から攻略本の返却(取り換え)をうけたので、図鑑にまだのっていない虫と魚をチェック。

〇虫
・オケラ(11月から5月)
・ルリホシカミキリ(5-9月)
・ホウセキソウムシ
・プラチナコガネ
・ゴライアスオオツノハナムグリ(6-9月)
・オオクワガタ
・ホソアカクワガタ
・オウゴンオニクワガタ
ギラファノコギリクワガタ
コーカサスオオクワガタ
・ゾウカブト
ヘラクレスオオカブト
※クワガタ、カブト系は7-8月
今日はもう5月なので、オケラがラスト月。
オケラはなかなか見つからないので調べてみると、普段地中にいるので「ジー」という鳴き声を聞いて穴を掘ってつかまえるらしい。
レア度は「そこそこ」なので、今月何とか捕まえよう。

〇魚
デメキン 池、900-1600、レア度★
ランチュウ 池、900-1600、レア度★
ライギョ(6-9月)池、900-1600、レア度★
・ベタ(5-10月)川、900-1600、レア度★
・ガー(6-9月) 池、1600-900、レア度★
・ロウニンアジ(5-10月)海・桟橋、400-2100、レア度★
シイラ(5-10月)海・桟橋、レア度★
デメニギス 海、2100-400、レア度★
レア度が高いものばかりで、夜だけ・昼間だけなど活動時間縛りもある。
池が小さくて魚を捕まえにくいので、まずは池を拡張するかなあ。

●トライアングルストラテジー
この連休で1周目をクリアしようと思ったが、新しい面はまず1回失敗して攻略法をつかんで再挑戦することが多く、時間がかかるためまだ2面程度しか進んでいない。
面ごとに特性があるので、レギュラーメンバーを固定してすすめるもではなく、その面で活躍できるキャラクターを選抜しなければならない。
当然、選抜されたキャラクターはそれなりにレベル上げされていなければならず、本編以外にもレベル上げマップでの成長も必要。
むかしやりこんだ「タクティクスオウガ」はエンディングが3種ほどあって、すべて確認するにはさほど時間はかからなかったが、本作はシナリオ数もそれなりあるので、シナリオクリアには時間がかかりそう。
もっともタクティクスオウガは本編クリア後に現れるダンジョン攻略に時間がかかるんだけども。

■ 4 ■ その他

アマゾンプライム
・窓際太郎の事件簿
新たに視聴。23,24,26,27,29。
ゲスト女優は美人ぞろいなので、だれが出てくるのかも楽しみのひとつ。
ロケ地がどこなのかも楽しみの1つだが、ゲスト女優とロケ地をメモっとけばよかったかな。

第1266話 飛び石連休まであと1週間

*[その他]

#1266 飛び石連休まであと1週間

■ 1 ■ その他

アゴのDVDシリーズを定期購読しているが・・・
昭和ライダー
前回配送分でBLACKに突入。アマゾンプライムですでに全話観たので、購読を中止。
BLACK第1号は第1話の前に放送された特別番組も収録しておりお得感があるが、その前号のZXは1時間弱のテレビSP1回分しか収録していないので今一つ感がある。
平成ライダー
ついにシリーズ第3弾・龍騎に突入。第2号まではほんの序盤で、スーパー弁護士が登場するあたり。
浅倉が出てくるとまた面白くなるのだが、現在の純烈で活躍中、若き日のスーパー弁護士の活躍を今は楽しもう。
また、もう一つこの作品で楽しみなのは、津田寛治の若き日の姿が観れること。
特捜9シリーズではジャニタレがレギュラー抜擢され続ける現状に異議をとなえ、ついにはレギュラーから「引退」。
龍騎以降、さまざまなドラマで眼にかけることが多くなった津田寛治だが、私にとって原点はOREジャーナルの編集長。

■ 2 ■ ゲーム

●DQW
ついにパーティ4人全員の基本職業すべてのレベルが50以上に達した。
これでいつでもどの上級職にも転職し放題。
現在はパラディンバトルマスター、海賊、賢者でレベル上げ中。
レベル50を超えると獲得経験値が半分になり、レベル上げに必要な経験値も上がるのでレベルアップの道のりがやけに遠い。

●トライアングルストラテジー
職業のクラス、武器のレベルがそれぞれ最上位に達するものが出て、話数的にもそろそろ終盤ではないかと思うが、全然話がハッピーに向かっていかない。

●あつ森
マイルを使って買い物し、第2王子に品物を送ることを怠っていたら、マイルがどんどんたまり50万を超えた。
島の開発の余地はまだまだあるのだが、何をどうしようというイメージプランがないため、貯金とマイルは貯まっても「そのあとどうするか」のアクションがない。

■ 3 ■ 読書

邪馬台国再考(♯12冊目)※読了

●物語ウクライナの歴史(中公新書) ※途中
大陸に広がる各国の歴史について、中公新書はシリーズで刊行していて、処分してしまったがいくつか購入したことがある。
私が世界史が苦手なのは、地名や人物がすべてカタカナであることが主因(私にとってはグインサーガが限界)ではあるが、大陸の国家は民族や宗教の対立が古くからあり、国の名前だけでなく面積や国境などもコロコロ変わるから。
いまテレビで毎日報道されているウクライナについてはニュースを通していくらか予備知識があるので、本書を読み始めるにあたって、入りとしてはいいタイミングかと思う。


●もし、プロ野球のスコアラーがあなたの野球チームにいたら何をやるか? ※途中
(三井康浩 カドカワ
ライダーマンがこの本を本屋で見つけた際にグループラインに画像をアップ。
なんとなく頭に残っていて、本屋に寄った時に思い出したので探して購入。
草野球で勝つための相手チームの研究方法について、その手法が書かかれている。
スコアだけでなく配球表までつけて相手チームを研究することを推奨しているけども、とてもそこまではねえ・・・

〇破船(吉村昭 新潮文庫) 
久々に吉村昭の本を購入。

〇78歳、いまだまんが道を…(再読)
藤子不二雄Aの大作「まんが道」はオバQがヒットする直前で終わっているが、本書ではオバQヒット後についても藤子不二雄A氏がコメントしている(第3章以降)。
二人の作品を藤子不二雄名義で作り続けていたが、ドラえもんを主とした藤子F不二雄、ブラックユーモア路線に傾いた藤子不二雄Aで作品の色分けが明確になり、実質分業となったときにコンビを解消。
女性誌への連載、映画少年時代の製作など、新しい分野を開拓していった藤子不二雄A
ちょうど10年前に出版された本を久々に読み返したが、いろいろ新発見があった。

■ 4 ■ その他

よこたとくお
毎朝購入している新聞のコラム欄に、藤子不二雄らと同時期にトキワ荘で作品を生み出していた「よこたとくお」についてのコラムが出た。
まんが道にも登場しないので、名前を聞いてもピンとこなかったが、コラムを読むと得心がいった。
「学研ひみつシリーズ」などでメインライターとして活躍していたのだ。
その絵柄などは検索して画像を観れば誰もが納得がいくはず。
でもなぜこの人が今コラムに載るかというと・・・・故人となられたからです。

〇30MM
30分で作れるというコンセプトのようだが、HGUCと基本的な作り方は変わらず、バリとって紙やすりで磨いていくと、とても30分で作れるとは思えないんだが。

〇連休中の予定
・近いうちにライダーマンとプレイ予定のGJゲーム作品の選定とルールの読み込み。
・30MMの製作
・読書
・3回目のワクチン接種・・・・

第1265話 ついに故障者リスト入り 

*[その他]

♯1265 ついに故障者リスト入り

■ 1 ■ プロ野球

●まさかの連続完全試合

先週の日曜日、ZOZOマリンスタジアムで先発し完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希。
今回は中6日でZOZOマリンで日ハムと対戦。まさかの大事件に・・・

F 000 000 000 1=1
M 000 000 000 0=0

上沢7~堀1~〇北山1~S宮西1
佐々木朗希8~益田1~●西野1

佐々木朗希。8回102球 被安打0 奪三振14 与四死球0 8回24人の打者を完全。
これで17イニング、ヒット1本、四死球1個出してないことになる。
日ハムエース上沢の意地もあったけども、ロッテが点取っていれば9回も投げていただろう。
「2試合連続完全試合」なんて達成できる可能性があること自体、考えられないんだから。
かつてのサンデー兆次ではないけども、毎週日曜日登板ならこれはお客さん入るね。
マリンスタジアム以外での投球がどうなるかはまだわからないけども。
ちなみに日ハムは万波のホームラン1本(1安打)で勝ちました。

■ 2 ■ その他

木曜日の夜、帰宅後家飲みで酒を飲んでいたら、知らないうちに座椅子にもたれて熟睡。
夜中に目が覚めたのでベッドに移動しようと思ったら、右わき腹に激痛が・・・
肉離れ?骨?なんで??
半分酔った状態で何がどうなったか理解できず、何とか起き上がってベッドへ。
金曜日はいつもの時間に目が覚めたものの、風呂・着替えに時間がかかり、朝の寄り道ができず出社。
痛みが治まらないので、土曜日に近所にある接骨医へ。
なかなか混んでて、応対や診察よかったので、まずは安心。
診断は右わき腹から背中にかけての複数個所の筋組織の損傷。
触診されてイタタというところが2-3か所ありました。
自宅では寝る前のアイシングとシップ貼りの治療。痛みが治まるまで通院の予定。
ハイキュー!などだと損傷した筋組織を回復させるためには、肉がいいっていってたよなあ。
わき腹が痛いと、何気ない動作でも痛みが走るので、横になると起き上がるのが大変。

■ 3 ■ 読書

●野球翔年1(※11冊目)
この調子だと年30冊ペース。
大谷翔平の二刀流に対する日ハム(栗山監督など)の考え方、エンゼルスをなぜ選んだか、がよくわかる。
大谷翔平も高卒とは思えないほど野球に対する考え方がしっかりしていて、インタビューで引き出される回答もすばらしい。
昨年度の活躍も素晴らしかったが、タイトルがとれればと思ってしまう。
投手で規定投球回数到達、打者で規定打席到達、できないものだろうか。

邪馬台国再考(ちくま新書 小林敏男) ※途中
筆者は古代書の分析が主業であるため、古文書分析の観点から「魏志倭人伝」を分析。
陳寿が「魏志」をまとめる前に、すでに「魏志」以前にあった歴史書や同時期に存在したと思われる「魏略」などの記述についても参考にしている可能性が高く、その記述内容から古文書の親子・兄弟関係を検証。
各書の「倭人伝」部分を検証し、「邪馬台国」と「卑弥呼のおさめる女王国」は別々に存在していたのではないかと推測する。
・女王国(卑弥呼)は九州・山門近隣に存在
邪馬台国は近畿に存在。魏志倭人伝に記載されている「邪馬台国」までの行程については「対馬~壹岐~末羅国(松浦)~投馬国(出雲)~敦賀(~陸路~)邪馬台国と推定。
まだ途中だが、邪馬台国と女王国を分けて考えると意外にすっきりする気がする。
そもそも中国が自国以外の野蛮な国について書いた国書なので、正確性は求められていないし、適当な丸写しの可能性も考えられる。

●78歳いまだまんが道を・・・
今文庫でも加筆版が出てるけど、ハードカバーで出たときに買っておいた本。久々に本棚から出してきた。
(書店の)カバーは外してしまったけど、読みなおしてみようと思う。

■ 4 ■ ゲーム

●トライアングルストラテジー(1周目)難易度Easy
選択によってストーリーが分岐し、味方になるキャラクターも異なることはわかっている。
自分なりに「王道」を選んできたつもりだが、ストーリーは常に崖っぷち展開。
主要メンバー以外で分岐によっては仲間にならないであろうメンバーもいるだろうけども、現在の戦力はこんなもん。
・コーレンティン(氷系魔法使い):炎系のレギュラーと合わせて使っているが、範囲魔法で該当マスを氷漬けにして移動コストがかかるようになるのは困る。
・ユリオ(参謀):隣接する味方に手番をパスする能力。あんま使わん。
・ホスハハラ(女騎馬):移動力高いので重宝。
・ナルヴ(賢者):回復魔法持っているので使いやすいけど、ドラクエほどの賢者感はない。
・イエンス(トラッパー):うまく使えていないのだろうか。
・ライオネル:攻撃するより挑発?
・アーチボルト:高所だと長射程になるんで使えるんだけど、打たれ弱いような。
フラナガン:鷹使いセカンド。弓がないので、近距離戦をすると打たれ弱い

■ 5 ■ その他

アマゾンプライム
・シリーズ物でアップされたときに視聴していたが、すぐにラインナップから外れたので残念に思っていた。
最近また再アップされたので、観始めました。
11・12・13・14・15・16・17・18・19
21・22・25・28・31・32

体が痛いからずっと家にいたけども、ずいぶん観たなあ。
「窓際太郎の事件簿」